精神は仮想現実の世界に囚われている。

ども、Tsutaです。

 

1999年に公開されたSF映画『マトリックス』ってご覧になられましたか?

知らない方はゴメンなさい。

 

では、軽くあらすじをば、、、

 

ラテン語で『子宮』を意味するようです。

 

この映画の世界観ってのが結構、すごくて

”世界は既にコンピューターに支配されている”というもので、

 

人間様が現実だと思っているこの世界は、コンピューターによって創り上げられた仮想現実の世界で、

自分が認識している空間の外側の世界の存在に気づくこともなく、

 

コンピューターによって創り上げられた仮想現実の中で、一生を過ごして死んでいくという…

偽りの世界に囚われたまま人生を終える。

 

まーその、仮想現実っていう世界がお花畑で毎日毎日、それは幸せに暮らしましたとさ…

ちゃんちゃんっ!

 

ならいいんですが、、、

 

ここから少し恐ろしい感じになりますw

 

 

人間の肉体はコンピューターによって、

作られた”発電所”と呼ばれるシステムのカプセルの中に一生、閉じ込められてて

生まれてから死ぬまで仮想現実というリアルに似た夢を見させられ続けながら、眠り続けるという設定です。

 

それで閉じ込められた人間様は人体の生命活動によって発せられるエネルギーを機械に搾取されます。

 

所謂、人間どもは機械様のためにエネルギーを生産するだけの『人間電池』状態ということですね。

 

恐ろしや恐ろしや…

 

で、

当時、ぼくがこの映画を見た時にリアルと置き換えて、機械=企業ちゃうん?と再定義してみたりしました。

”やっすい給料で働かされて、エネルギー奪われて生かさず殺さずの”ええ塩梅”で社畜になってるよなー俺…”

 

てなことをずっと考えてましたw

完全に生殺し状態。

 

 

一生懸命働いて、贅沢をするには生活を切り詰めたり、欲しいものを諦めたり。

もう”ぜんっぜん、おもんない”

 

 

何のために仕事してるかわからなくなってきます。

経営者サイドに、

”お前ら普通に生活さしたってるやんけ?”なんて思われてたら、腹立ってきますよね?

 

記事書いてて段々、イライラしてきましたw

 

 

で、少し話しを戻して、、、

じゃあ、自分が認識している空間の外側の世界の存在ってなんなん?ってことなんですが、

この映画の主人公が、平凡な日々を送っていたある日、”今生きている世界は夢ではないのか?”

という違和感に苛まれるわけです。

 

 

いい感じで”順調”ですねw

 

 

そしてメンターと出会い、外側の世界を知らされ、

『それでもお前は違和感を抱えながら』

 

このまま仮想現実で生きるか?
OR
現実の世界に目覚めるか?

の選択を迫られます。

 

主人公はもちろん覚醒の道を選んで様々な生きるための技術を習得し、

人間様を機械の支配から解放するべく、戦いに挑むのでありました…

 

というストーリー

 

というか、これリアルじゃね?

 

これも自分なりに再定義してみましたw

 

あなたはメンター働くってこんな感じやけど、

 

このままサラリーマンやりますか?
OR
起業しますか?

って選択を迫られたらどうしますか?

 

 

リアルに選択を迫られているように思いませんか?

キモいくらいの思い込みw

ぼくだけですかねw

 

 

社畜という言葉が適切かどうかは置いといて、現役サラリーマン。これから就職をされる学生さん。

 

ぼくの経験上では、サラリーマンはおもんない。違和感がありあり。だったので後者を選びましたが、

 

何事も経験だとも思うので、おもんない。または、やってみたけどやっぱおもんなかった。
って方は考え直してもいいと思います。

 

『人生、一度きりですから』

 

で、話を戻します。

劇中では、現実の世界があまりにも辛すぎて、

仮想現実に戻してほしい!なんてキャラも設定されていました。

 

仮想現実がサラリーマン社会ではないにしても、

そりゃあ起業して、不安定な収入やら心配事やらを抱えて生きるより、

サラリーマンやってる方が”楽”だって言いますもんねw

 

実際はサラリーマンも”楽”じゃないとは思いますが、、、
 

この作品の本当の意図はわかりませんが、

 

ぼくにはまさに

『違和感があるなら外側の世界で自分でやってみろや!』って考えさせられた作品でした。

作品の意図はたぶん違うやろwww

 

起業したら、お金の管理から健康管理、

生活リズムのコントロールなどなど、全て自己責任でほんと大変なことや辛い事もいっぱいあるけど、

 

それよりなにより仮想現実の世界には囚われたくないですねw

 

最後にこの主人公は見事に自分に与えられた人生のミッションをクリアしました。

あーなんとも羨ましいw

 

と、まぁ自分の中では感慨深い作品のひとつでした。

見てない方はぜひ、オススメです!

 

 

今回はオススメ映画紹介でしたー!

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です