”個性”を大切にして活きましょう!

学生の頃はあまり言われた記憶がないんですが、

 

社会人になってからの”デビュー”かは定かではありませんが


『自分、変わってんな?』


って、大人になってからはめちゃめちゃ言われることが多くなりました。

 

ども、社会人デビューしたTsutaです。宜しくお願いします。

 


この変人により書かれている、
このブログがあなたに不快感を与えていないか?
ということをものすごく懸念しておりますw


では早速、個性的な人っていうと、

 

自分を持っている

人に嫌われても気にしない

個性的なファッション

人と違った発想や思考

独りでいても大丈夫

書き出せばキリがないんですが、、、

 

普通というか、その他大勢との感覚の違いや思考などの相違によって、

”変わってる”か”普通”の人か?を世間が勝手に判断しているだけで、明確な尺度ってないんすよね。

変人扱いされるのもいい迷惑ですけど…w

 

それが良いとか悪いとかの話は置いといて、あくまで偏見ですが、

 

お金持ちって”個性的”な人が多いのはなぜでしょうか?良い意味でですよw

そこに焦点を当ててみると、

 

かの超有名な『イーロン・マスク氏』

 

彼はものスゴイ実業家100選に勝手にノミネートしましたw おめでとうございまーす!

アメリカの電子決済サービス”PayPal”の前身となる、

会社を起ち上げた後に、電気自動車の”テスラ・モーターズ社”のCEOをやりながらの”スペースX社”でロケットを飛ばしたとか…

そのロケットに、自分トコの電気自動車を載せて打ち上げたとか、やってること奇々怪々です。

他でも多数の事業をこなしていて、

もうほんと意味不明なくらい尊敬しますw

 

いったい”なに屋”やねん!w

 

まるで、映画”アイアンマン”の主人公のような方です。見てない方はゴメンなさいw

もう”変態の領域”すよね?

 

ホリエモンさんも同じニオイがしますw

素晴らしい発想力です。

 

まぁ言い出せば、世間にはまだまだ知らない、かなりの”変態”さんがそこら中にいらっしゃって、大活躍されてるわけなんです。

 

これは聞いた話しなんですが、

某高級自動車ディーラーでは車のデザインとか性能とかは置いといて、

ただ、シートの”色”が良かったからと、

数千万の車を購入しちゃう何処ぞの社長さんもいらっしゃるとかとか…

 

 

一般人はただただ、立ち尽くすのみの行動となりますねw

性能とかデザインの方が重要じゃね?っておもいますけどw

 

”これはもう個性の塊とでも言おうか”

 

俺って、変なのかな?なんか変な目で見られるのイヤだなー。

なんて思っているあなた。それは”個性”です!

 

世間体なんて気にせずに、良い方に解釈をしましょう。

 

すごく個性的で、クリエイティブな物事を生み出す才能をお持ちの方ほど、他人からの『妬み・僻み・嫉み』を頂くのも、これまた事実。

 

でも、全然気にしないですよね?

気にしてる時間が勿体ないですよね?

独りっきりで大丈夫ですよね?

 

いちいち気にしてたら、ロケットに電気自動車載せて打ち上げないですもんね?

もっと世のためになるような、人工衛星を打ち上げるとか、惑星探査してみるとか…

普通はそうしますよね?w

 

でも、そんな個性的なのも全然ありだと思います。これからの時代は。

 

なので、個性バンザイですよ!!

 

世間の誰かが言い出した”常識”。

皆が当たり前に教えられてきた”知識”や他人の評価なんて、ほんと”どうでもいい”

 

何処の出身だとか、いまどんな状況だとか、人生問題だらけだろうが、

何をしてようが、大切なのは、


『なりたい自分になること。』

『やりたいことを好きなだけやること。』


”自分がどのような人間になりたいか”を意識して、

その個性を200%発揮できる働き方をしよう。

 

社畜になって、会社に自分の個性を殺されている場合じゃない。自尊心を大切にしましょう。

 

自分らしく生きていくことが、

もれなく『おもろい人生』となります。

 

でも俺なんか普通やし、そんな強烈な個性なんてないわーって思っているあなた。

 

”あります。”

 

誰にだって、こだわりや癖ってあるじゃないですか?

 

それが、ただ強いか弱いかだけの話であって、

普通の人なんてほんとは世の中にいないんです。

 

その個性を最大限に活かして、エフィカシーを高めて、自分の『生き方や働き方』を再定義しつつ、

『おもろい人生』にしていきましょう!

 

なんだか途中でかなり話が脱線したような気がしましたが、気のせいですね。

雑なのも個性のひとつですw

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です