リーダーって何するんやろ?

いよいよ待ちに待った春の訪れですかね?

日中はめちゃ暖かくて心地よい日々になってきました!

 

でも、こういう時に体調崩すんですよねー

気を付けないといけません…

 

はい。では、『ゴレンジャー』の話を書いていこうと思います。

ゴレンジャーって知ってます?知らないっすよね?

戦隊シリーズの走りになったというか…

 

ちゃう。ゴレンジャーはどーでもよいので、横に置いときます。


”リーダーとは!”


いきなりでスミマセン。

この適当で雑な展開をお許し下さい。

 

さて、これまで

 

”エフィカシーを高めて自信を持つ!”

”ゴール設定をして人生を進める!”

”現状のコンフォートゾーンを書き換える!”

と、書いてきました。

 

 

今回は『リーダーになりましょう。』という感じで進めます。

 

あなたはリーダーって聞くとどんな印象をもたれてますか?

カリスマ性がある。
牽引力を備えている。
憧れの存在。
矢面に立つ。
ブレない。
実力がある。

まーそれはカッコいい存在ですよね?

人として”芯”があるというのか何というのか。

 

でも、今からぼくの偏見たっぷりの経験談をお話ししようと思います。

 

会社員として普通に働いて数年すると勝手に”リーダー”になれます。あくまで普通にです。

一般のイメージでは数々の難題をくぐり抜け、お客さんに頭を下げながら成長して、沢山の経験を積んで、上司に見込まれて…

 

みたいなサクセスストーリー的なイメージを持っておられるとは思いますが、

実際は相当”ポンコツ”でない限り、普段通り業務を数年こなせばリーダーになれます。

 

これはなんの自慢でもないですが、ぼくはサラリーマン時代に勤め上げた全ての会社でリーダーになりました。

ただ普通にやってただけで、特別スキルが高かったわけでもないんです。

所謂、”年功序列”というやつです。リーダー役は自然と回ってくるんです。

ある程度の”資質”は問われますが。

 

なので、この年功序列が一番タチが悪いんですよね。


誰にでもなれるが故に、リーダーになった瞬間に”自分は偉い”と勘違いしちゃうヤツ。

身の保身ばかり考えて責任転嫁しちゃうヤツ。

人のミスを許容できないヤツ。

人間性に問題あるヤツ。


こんなのが自分の上司になったらたまりませんよね?

というか結構、こんな輩は会社でよく見かけます。

アホっすよねw

リーダーは目標に向かって、自信をもって行動し、人々を正しい方向に導く人。

 

これが”リーダー”の真の姿です。

 

なので、”リーダー”になってからポンコツ化する人間の多きことw

 

これからが本題です。

あなたもリーダーになって下さい。

いきなり無理やろ!って声も聞こえてきそうですが、

 

これからは個の時代ですから”自分の人生の舵は自分で握るべき”なんです。

 

そうしないと社畜のまま、人生を終えてしまうから。

それを良しとするのであれば、ぼくの言うことを聞き流してもらって構いません。

 

でも違うのなら、”ぜひリーダーになって下さい。”

 

最初は誰しもうまくいかないかも知れませんが、

少しずつでも迷わない自信と誠実な態度を身につけて、自分で思考して決断して、自分の道を切り開いていく。

 

自分の輝かしい未来のために。自己成長のためでもあります。

 


”リーダーになるために抽象度という概念を高めてみて下さい。”


抽象度というのは、ザックリ言うと、

物事を俯瞰して観る能力。

 

ちょっと難しいかもですね。

 

例えば、

 

●サッカーの監督なんかはゲーム全体を把握しなければなりません。

選手の状態や全体の流れを観る。

●冒険に出るのであれば、高い所から目標地点を確認し、メンバーに行先を示さなければならない。

 

つまり、抽象度が低い状態だと目の前のものに固執してしまい、物事を客観的に判断できないため、人を引っ張っていくことができなくなります。

 

大企業の社長さんなんかは抽象度の高い考え方をされていて、会社全体の流れを把握して、良いところを伸ばし、ダメなところは補填したりしますよね?

全体が観えているからできることで、目の前の”ひとつの商品の販売”だけに目を向けてないですね?


『点ではなく面で物事を捉えている』


物事を俯瞰する能力というのは”危険回避”にも役立ちます。

人との会話の中などでも、悪い方向に向いていくなということを見抜くことができる。

 

一見、スーパーマンのようですが、これは訓練すると可能になります。

物事の視点を変える(上げる)ことで、新しいアイデアや問題解決能力も向上します。

 

そして、つまらない情報の”断捨離”も必要です。

足の引っ張り合い。人の誹謗中傷。メディアのつまらない不倫ネタなど。

こういう情報を浴び続けていると、自信の抽象度も下がりますので、できるだけ断捨離することオススメします。

 

常に物事を俯瞰して観る能力を養って、リーダーとして自分のビジネスの中で自己成長し、他者貢献する中で自分の人生に対する『おもしろみ』を見つけてみませんか?

 

きっと豊かな人生になりますよ!

 

※抽象度の概念についてはまた別の機会に書きたいと思います。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です