自己成長のために”ググり力”で体感に落とせ!

どもーTsutaです。

いきなりなんですけど、

 

知らない言葉やわからない事、興味ある事があったら、まずあなたはどうしますか?

ネット検索派ですか?

誰かに聞く派ですか?

 

すごく抽象的だったり、人それぞれの意見だったりは調べても結果が出てこないと思います。

 

まーそれは仕方ないので、置いといて、、、

 

今回は『ググり力』について書いていきます。

 

はい。力強く”大文字”で、何を今更感満点でお送りするわけなんですが、

 

ぼくは正直、人に聞く派です。

 

人の脳ミソほど便利なものはない。

とぼくは思っていて、スピード感でいうと一番早い方法だと思います。

 

すぐに解決しないとイライラしちゃうので、電話なりメールなりで何でもかんでも聞いちゃいます。

逆も然りで、聞かれると調べてあげたりしたくなる性分なんです。

人から頼られるのも気分いいもんですからね!

 

ただ、

 

”タダ”より恐いものはない。

サブいギャグをぶちかましましたが、軽ーーーく流して下さいねーw

 

いやでも本当の話で、

今の情報化社会の中で、タダで教えてあげるなんてのはボランティアにすぎません。

 

”GIVE&GIVE”

与えて与えて与え続けてあげるw

 

とても素敵な言葉で好きなんですが、最初のうちは親切で良いと思うんですけど、

結局、教える相手がGIVE癖になっちゃうと、どうしようもない状態になってしまうんですね。

 

自分の知識やスキルを安売りやタダで提供していると、こっちの『エネルギー』を一方的に吸われるだけで、逆に自分にダメージくらっちゃったりたりします。

 

情報は”エネルギー変換”できます。

 

というか、”エネルギー変換”させることが、情報発信をビジネスにするということに繋がります。

はっきり言いますね。

質の高い情報は売れます。

 

ですが、

これだけ情報化社会ですから、『ググる』と大概の事は解決されてしまいますし、ネットに出ていない情報の方が少ないかもしれません。

あとは面倒くさがり屋さん。面倒くさいから人に聞いちゃえ!人の体験をタダでいただきまーす!

 

ぼくもこのタイプですw

 

一刻も早く、いま抱えている問題を解決してスッキリしたい!

身に覚えありますよね?w

 

でも、これは”自己成長”マインドに対してマイナスでしかありません。

 

なぜかというと、

また忘れたら聞いたらいいや
誰かがまた教えてくれるだろう
いつでもタダで教えてもらえるし

などなど。

 

親切に教えてくれる人がいるのは悪いことではないし、完全に否定はしないですが、

教えてもらったことに対して、”体感”として落とし込んでいますか?ってのが大事で、

勉強でも一夜漬けで問題と答えを記憶して、テストに臨むのもいいでしょう。

 

でもそれは、自分の血となり肉とならない”抽象度が低いまま。”


自分で調べる。

本買って勉強する。

ググる。

体感に落とす。


まずは自分で悪戦苦闘しないと、知識やスキルって身につかないと思います。

 

中には、人から聞いたことをずっと覚えていて、人生に役立てている方もおられるかもしれません。

 

しかし、何かしらの新しい問題に直面した時にまた”人のエネルギー”を奪って、

体感に落とすというのは良い習慣ではないと思うし、なかなか体感に落ちない。

 

それは、調べて実行してみて、失敗してまた調べて、失敗して…このルーティーンが鬼重要なことです。

 

一番大事なのは”失敗すること”

 

失敗しないで物事を成し遂げた人なんて、いないんじゃないですかね?


”体に染み込ませる。”


 

”物事を失敗を繰り返しながら体感に落として抽象度を上げること。”

 

一発で正解を聞くのも楽ですけど、

時間がかかっても、遠回りしても、自分で調べるという”癖付け”をする。

 

調べて失敗する事が時間の無駄やんけ!って思われるかもしれませんが、失敗の中からも”気づき””学び”って絶対あります。

 

この前の失敗はコレに活かせるんちゃうか?
これ失敗やけど、次のコンテンツに使えんじゃね?
これミスってなかったら、次のとこで躓いてたわ。

なんてこと、山ほどあります。

実体験済みですw

 

なので締めくくりとして、

 

”まず習慣として、自分で調べて『ググる』こと。”

”すぐ人に聞かない。”

”ダメもとでやってみる。”

”失敗から学ぶこと。”

 

これを実践していくと人生のあらゆることに対して、必ず『自己成長』に繋がります。

『自己解決能力』を高めよう!っていうお話でした。

 

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です