誰しも最初は”真似ぶ”んです。

休日はゆったりまったり二度寝三度寝できて、

あ~超気持ちいい。

こんにちはTsutaです。

 

夏だろうが冬だろうが、常に学習する。インプットすることはとても大事。

人生の”糧”となりますねー

 

今回は学習です。”学ぶ”について書いていこうと思います。

 

タイトルに書きましたが正確には、

”学ぶ”ではなく
”真似ぶ”です。

 

なんやパクるんかい!みたいなニュアンスですが、、、

 

実際のところは違っていて、誰もが通ってきた道なんです。

勉強やビジネス、スポーツ…なんでもいいです。

 

一部の天才を除いて、最初からガシガシできる人っていませんよね?

みんな誰かから学ぶ。正確には”真似ぶ”

 

何か物事を進める時、わからないことは聞いたり、調べたりしますよね?

でも、既に成功している人上手な人から真似ぶことが上達スピードが格段に早くなります。

 

例えば、

テニスのフォームを本や教材で学んだとします。

あなたはその通りにラケットを振って、すぐに上手にできますか?無理っすよね?

 

なので、テニスの『上手な人の真似をするんです。』ラケットの振り方、力の入れ方、どんな時にどのように体を動かすのかを。

でも最初はそれで良いと思うんですが、基本が身についたら、それを変えていく必要があります。

 

なぜか?

 

それは”型”というのは人それぞれで、

キャラクターや個性もだから。

 

ビジネスシーンでいうと、ただ上手な人の行動を真似するだけでは初めは良くても、段々と上手くいかなくなります。

それはただの”パクり”ですからw

 

やっぱりそれパクりやんけ!的なご意見もあるかと思いますが、

実際のところ、上手な人の”考え方”を真似してみて下さい。

 

所謂、”思考を真似る”ということを実践して下さい。

と、言いたかったんですねw

どんな物事やスポーツ、なんでも構いません。

 

まず基本の型があって、それから

”上手な人はどう考えるか?”
”成功者ならどんな思考で取組むのだろう?”

ってことを意識して取り組むと、加速度的にレベルアップしていけます。

 

前回の”抽象度を上げる”っていうのも効果的です。

上手い人にはその人なりの、あなたにはあなたなりの”個性”があります。

 

抽象度の上げる下げるも人それぞれなんで、失敗を恐れずに取り組む姿勢がとても大切です。

 

でも!ここで一番大事な事を言っておきます。

失敗したから諦めること。

せっかく積んできたもの否定して止めちゃうのって、勿体ないし、人生の時間の無駄使いにもなります。

 

これをやっちゃいけません!

 

それは心が折れることもありますけど、

”継続は力なり”なんです。

 

では、諦めていないことを前提でつづけていきますねw

『守破離』って知ってますか?

剣道や茶道などで、修行における段階を示したもの。
「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。
「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。
「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。
<デジタル大辞泉>

ということです。

 

最初は”型”をちゃんと身につけて、上手な人の良いところを取り入れる。
(色んな人の思考を取り入れることが良いですね)

 

そして、最終形態は”独自の手法で最強”になる!

 

いいですねーw

最強になりてー!w

 

ぼくには有難いことに2人の”最強の師”がいます。

その背中を追いかけて常にインプット/アウトプットに勤しんでいるのですが、まだまだスゲー遠いんですよね。

 

死ぬまでに追い越したろーと思ってるんですけどねw

 

人生において、仕事だけではなく様々な物事の師が存在していると思います。

料理でも趣味でも遊びでも、、、

 

その一生懸命に取り組んでいる人の行動や思考を盗んで下さい。

表現悪いすねw

勉強して下さい。

 

もちろん、それに見合う対価を払って”自己投資”することも大切です。

衝動買いやあまり必要ないものにエネルギーをつぎ込むくらいなら、自己投資にお金を使う方が絶対に有意義です。

 

そんな姿勢で物事に取り組むと”おもろい人生”が訪れるでしょう!

ではこんな感じで締めたいと思いますー

 

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です